月別アーカイブ: 2013年4月

男性の薄毛について。

男性にとって、薄毛というのは気になる存在です。
人によってまちまちですが、
一般的に年を取るにつれて、
薄毛が進行していきます。
このような男性の薄毛の事を、
AGA、男性型脱毛症と言います。
男性型脱毛症は、
男性ホルモンの影響で発生すると言われています。
つまり、男性なら大抵の場合、
発生する可能性があるのです。
全国で、1200万人以上に発生していると、
言われています。
この男性型脱毛症は進行性のものなので、
放って置くと髪の毛の数は
年を経る毎にどんどん減っていきます。
男性型脱毛症の脱毛部分には
ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質が
高い濃度で検出されています。
この物質によって、ヘアサイクルが短くなるのが、
薄毛の原因と考えられています。
ヘアサイクルが短くなる事で、
髪の毛が十分に太く成長する前に休止期に入り、
成長が止まってしまい、
抜け毛へと移行してしまうのです。
また、細い毛が増えることで、
薄毛が目立つようになるのです。

髪の毛の成長について

まず、髪の毛の本数はどれくらいあるのでしょうか。
日本人の場合、10万本程度あると言われています。
これは平均値ですので、
当然人によって、本数は変わってきます。
髪の毛の成長の過程の事を、ヘアサイクルと呼んでいます。
ヘアサイクルによって髪の毛は成長し、
やがて脱毛します。
脱毛の本数は1日50~100本程度と言われています。
髪の毛を洗った時などに、
毛が抜けているのを確認する事が出来ると思います。
これは自然な現象です。
ヘアサイクルは、
まず成長期から始まります。
毛幹が毛穴から生えてきて、
どんどんと成長していく時期です。
毛母細胞が活発に活動している時期と言えます。
この期間は、2年~7年程度になります。
成長期が終わると退行期に入ります。
毛母細胞の活動が終わり、
毛が成長しなくなります。
また、頭皮と毛乳頭の接続が切断され、
脱毛の準備が始まります。
この期間は、2週間~3週間程度になります。
最後に休止期です。
毛乳頭が収縮し、
毛球部分が毛穴の底から離れます。
2週間~5ヶ月程度になります。
この間に脱毛します。

毛幹の構造とは。

一般的に髪の毛と言われている、
毛幹とはどういった構造になっているのでしょうか。
毛幹はいくつかの円筒形の層に分かれています。
まず一番外側を覆っているのが、
毛小皮です。
キューティクルとも呼ばれ、
外部からの刺激から、
毛幹全体を守ります。
ウロコ状の硬いタンパク質が重なって出来ている、
鎧のような物になります。
次の層を毛皮質と呼びます。
またはコルテックスと言います。
この部分が毛幹で一番厚い層になり、
髪の毛の太さを決めます。
10数万本の繊維が寄り集まって出来ており、
その繊維は電子顕微鏡でも見れないほど細くなっています。
主な成分はタンパク質で、
ここに含まれるメラニンの色によって、
髪の毛の色が決まってきます。
芯に当たる部分が毛髄質で、
柔らかいタンパク質と脂質から出来ています。
この部分の役割は未だによく分かっていません。
人によってはこの毛髄質がない場合もあるそうです。
ただ、髪の毛と言っても、
こういった複数の層によって出来ているのです。

髪の毛の構造とは。

髪の毛を抜いてみると分かりますが、
いわゆる毛の部分と、
その先端の球状の部分があるのが分かります。
分類上は、毛の部分についても、
表皮から上の部分を毛幹。
表皮の中にある部分を毛根と言います。
球状の部分を毛球と言います。
毛球の一番先の部分には窪みがあります。
この窪んだ部分を毛乳頭と呼びます。
この毛乳頭が頭皮とつながっており、
毛細血管や神経が通っています。
毛細血管を通じて毛乳頭に流れ込んだ養分を使って、
毛乳頭に接している毛母細胞が細胞分裂をします。
こうして細胞分裂をして増えた細胞の分だけ、
髪の毛が伸びていくのです。
毛母細胞の活動は活発で、
大人の場合、最も細胞分裂が盛んな細胞と言われています。
つまり、育毛を考えていく場合、
この毛母細胞が活発に細胞分裂をするような状態を、
作ってやる必要があるのです。
毛母細胞に養分を適切に与える為に、
頭皮の毛細血管の血行を良くする事、
それが育毛にとって
最も大切な事なのです。
それ以外にも、
毛母細胞の活動を促すホルモンを分泌させやすくするという、
育毛剤もあります。

髪の毛の役割。

進化の過程で体毛が薄くなった人間。
しかし頭の上の毛だけはそのまま残りました。
髪の毛です。
髪の毛は何の為にあるのでしょうか。
さまざまな理由が考えられます。
大きな目的としては、
脳の入った大切な頭を守る事が考えられます。
それ以外にも、体内にある重金属などの毒物を、
体外に排出するという役割もあります。
髪の毛の中にそういった毒物を含める事で、
発毛とともに体外に排出するのです。
これは意外な理由と思います。
それ以外にも、
極端な寒さや暑さから頭部を守るという目的もあります。
空気を含んだ厚い頭髪が、
外気が直接頭に触れるのを避けるのです。
直射日光、つまり紫外線から頭部を守るというのも、
大切な目的の一つです。
頭部は一番直射日光に晒されやすいので、
そこをしっかりと守るの必要があるのです。
頭に物が当たるのを直前で探知する、
感覚器としての役割もあります。
そうする事で、
頭に物が当たる危険を事前に察知するのです。
このように、頭髪という物は、
人間にとって大切な役割があるのです。

育毛剤