薄毛とストレスについて。

現代社会では、ストレスと無縁には過ごせません。
どうしてもストレスが溜まってしまいますが、
ストレスは髪の毛に良くありません。
どうしてストレスが髪の毛に良くないかと言えば、
ストレスがあると、
血管が収縮してしまうのです。
頭髪にとって、
頭皮の毛細血管からの栄養分の補給は不可欠です。
血管の収縮により血行が悪くなると、
栄養分の補給が滞ってしまいます。
そうなると頭髪の成長は止まりますし、
脱毛も促進されてしまいます。
また、ストレスによって、
男性ホルモンの一つである、
テストステロンの分泌が活発になる事が分かっています。
このテストステロンは髪の毛にある毛母細胞の活動を、
抑えてしまうと言われています。
こうして、ストレスを受けた身体では、
髪の毛の成長が止まり、
脱毛が促進されてしまうのです。
ストレスを完全に無くす事は難しいでしょうが、
一息入れて気分を休める時間を作ったり、
たまにはじっくりと睡眠を取る事で、
ストレスを和らげてみてはいかがでしょうか。
そうする事が、身体そのものにも、
髪の毛にも良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>