薄毛と不摂生について。

不摂生は身体に良くないに決まっています。
多くの人がそれを知りながら、
ついついしてしまう。
それが不摂生です。
当然、髪の毛にも不摂生は良くありません。
特に悪い影響を与えるのがタバコです。
タバコを吸うと、
毛細血管が収縮してしまう事が確認されています。
毛細血管の収縮は、髪の毛の成長を妨げ、
脱毛を促進してしまいます。
タバコを吸うだけで、
薄毛のリスクが高まってしまうのです。
アルコールも髪の毛に悪い影響を与えます。
直接作用する事はありませんが、
髪の毛の成長に不可欠な、
マグネシウムやビタミンB群を体外に排出するという、
悪い働きを持っているのです。
髪の毛の成長が妨げられると、
自然な脱毛が続いていく一方で、
入れ替わりに生えてくる毛がなくなる訳ですから、
結果的に薄毛になってしまいます。
睡眠不足も問題です。
特に徹夜が悪い影響を与えます。
髪の毛の成長は身体と同様、夜に活発に行なわれるので、
その間に起きていると、
成長が阻害されてしまうのです。
睡眠は身体の健康に良いに決まっていますが、
頭髪の為にも重要なのです。
出来るだけ不摂生をやめて、
髪の毛に良い体の状態を作り出したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>